キャッシングと審査の流れについて

皆さんキャッシングの審査がどのようなものかをご存じでしょうか? 本記事ではキャッシングサービスの一つ「プロミス」を事例に、プロミスの審査の流れや審査基準などを詳しくご紹介いたします。 プロミスの審査に通過できる条件を整えれば、その他大手のいわゆる優良キャッシングサービスと言われるキャッシングの審査は無事に通過できると思われるので、是非ここでチェックしてみてください。

キャッシングについて

そもそも、キャッシングサービスに限らず「お金を借りる」場合、何をどのようにどれくらいの期間で審査されるかご存知ではない方もたくさんいるのではないでしょうか。
まず、あなたがお金を借りようと思った場合どこから借り入れますか?

・身内や知人からの借入れ
・銀行からの借入れ
・消費者金融からの借入れ
・国や都道府県など公的機関からの借入れ

おおよそ、上記4つからが考えられるのではないでしょうか。 そして、借入れのアンケートの結果を見てみると、「身内や知人からの借入れ」が多く、その後金銭のトラブルを起こしてしまうケースもままあるようです。 では、なぜ「身内や知人」から借入れるケースが多いかというと、「他に思いつく借入れ手段が無かった」や、「審査が無いから」、「無利子で借りられるから」などという理由が多いようです。 しかし、実は身内や知人に頼らなくても消費者金融のキャッシングサービスの一部は、「無利息で借入れ」をすることが可能ですし、「審査」に関しても書類無しで30分で完了し、融資までが即日で完了するものがあるのです。 その代表的なものがプロミスの「30日間無利息キャッシング」です。

では、上記の様な「無利息」でキャッシングサービスを行っているという事は、プロミスの審査はそれなりに厳しいんじゃないの!?と思われている方も多いかと思いますが、借入れ金額やその他条件によっては、プロミスの審査はとても簡易的でスピーディーに行われるものなのです。では、このプロミスのキャッシング方法とプロミスの審査についてご説明します。

プロミスの審査の流れ

【申し込み条件】

まず、プロミスの審査に限らず、その他キャッシングサービスの審査前にも確認が必要ですが、あなたは下記条件をクリアしておかなければいけません。

・安定した収入がある。(学生や主婦でもパートやアルバイトなどをやっていればOK。)
・年齢が20歳~69歳位内にあてはまる。
・年収の三分の一以上の借入れを他社からしていない。
(例.年収300万の方は100万円以上の借入れを他社でしていなければOKです。)
・直近3ヶ月以内にクレジットカードの支払を滞納していない。

※上記条件を全てクリアしていなければ、必ず審査に落ちてしまうわけではありません。 ただし、安心して確実に審査に通過しようと思うと上記の条件はクリアにしておきたいですね。

【審査へ申し込む前に】

上記条件がそろったら早速、プロミスの本審査を受けてみましょう。 ただし、「本審査」前に試しておきたのが、プロミスのサイトにある「3秒診断」です。 本審査を受けて万が一審査に落ちてしまった場合、プロミスの審査に限らずその他キャッシングサービスの審査も同じですが、ご自身の信用情報に「審査落ち」の記録が残ってしまい、その他キャッシングサービス会社に申し込んだ時に参考にされてしまいます。なので、むやみに本審査に申し込む前に、プロミスの「3秒診断」みたいな仮審査がある場合は、事前に受けておくと良いでしょう。

【プロミスの本審査申込み】

では、このプロミス3秒診断の診断結果が「融資可能」と返ってきたら、本審査に申込みましょう。このプロミスの本審査はWeb上で行えますので、その流れをご紹介します。
まず、「お客様情報」ご自身の情報を入力する欄があります。

① 自宅情報
② 勤務先情報
③ ご契約方法の選択
④ お借入について
⑤ 審査結果のご連絡について
⑥ メールアドレス・カード暗証番号の登録
⑦ 書面の受け渡し方法について

など割と記入事項は多いですね。ただし手書きではないので、web入力なのが大変便利です。 ここで、プロミス審査に限らないかもしれませんが、注意しておきたい事項が1つあります。人によってはかなり重要なので気を付けて選択してほしいのですが、③のご契約方法を選ぶ際、もし同居中のご家族や友人にこのキャッシング利用が絶対にばれたくない!という方は「web契約」を選ばないようにしましょう。 もしここを「web契約」にしてしまうと、後程ご自宅に書類が郵送されてくるので、 ご家族が開封してばれてしまう可能性も0ではありません。 もちろんこの郵送されてくる封筒には「プロミス」などの社名や「プロミスの審査結果」などあからさまな事は一切書かれていないですし、ばれない様な仕様になっていますが、開封される恐れがある場合は、この「web契約」ではなく、「来店契約(自動契約機)」を選んでおきましょう。

ですので、ここまでの流れとしては、

① webから審査の申込みを行う。
② 審査通過後の実際の契約は来店契約(自動契約機)で行う。
という事になります。

ただし、同居人がいない方や同居人にプロミスからの借入れの許可をとっている方であれば、「web契約」をお選びいただいた方が、来店の必要がありませんので便利でしょう。

【申込みが完了したら】

以上、一連の入力が完了したら申込みが完了し、プロミスの審査が始まります。

まずは登録したご自身の電話番号にフリーコールでプロミスから電話がかかってきます。
この時、プロミスの審査担当者は個人名で電話をかけてきて、以下のような内容でご本人様確認を行います。

・住所
・生年月日
・西暦
・干支
・お勤め先
・勤続年数
・給料日
・融資金の用途

など。

この際、厳重に本人確認をされますが、ご自分で答えられない内容は何一つ無いので安心して電話を待ちましょう。

この電話で本人確認が取れたら、次に勤務先への在籍確認があります。 これも怖がることはありません。プロミスの審査に限らず、どのキャッシングサービスの審査時にも行われる事ですが、プロミスの審査でいうと大変丁寧な対応ですし、まずキャッシングサービスからの電話と悟られないように、個人名で勤務先に電話をしてくれます。 勤務先で別の人に取り次がれても何ら不自然ではないよう、電話をくれるので心配はありません。これで勤め先への本人確認がとれたらプロミスの審査は完了です。 後程、登録したメールアドレスにプロミスの審査結果の通知が送られてきますので、待ちましょう。
在籍確認について、更に詳しく知りたい方は「はじめてのプロミス審査」の在籍確認についてのページを参考にしてください。プロミスから在籍確認の電話が来た時の会話の流れなどが、詳しく紹介されています。
プロミスの審査が嬉しいのは、この本審査も30分以内に完了して迅速に結果をくれる点です。送られてきたメールアドレスに記載のあるURLをクリックし、審査結果と審査通過の場合は融資可能額が記載されているので見てみましょう。

以上がプロミスの審査の流れです。 もじ事前にプロミスの簡易審査を受けて「融資可能」と出ていた方は、本審査もおおよそ通過できるでしょう。

今回はプロミスの審査について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? キャッシングの審査って難しいんでしょう?とか面倒なんじゃないか?と思っている方もいるかもしれませんが、公的な融資制度や大手銀行からの融資申込みよりもキャッシングサービスの審査の方が簡易的ですし、融資までがスピーディーです。 また、今回ご紹介したプロミスにおいては、「30日間無利息キャッシング」など期間を限定した無利息融資サービスも行っています。その際のプロミスの審査方法も今回ご紹介したものと同じです。
もし、更にプロミスの審査について詳細が知りたいと思っている方ははじてのプロミス審査 にも更に詳細が書かれているので、チェックしてみてください。
プロミスの審査を受ける際は是非ご参考までに。

キャッシングの審査を通過するには

キャッシングの審査内容について、殆ど知らない方がほとんどでしょう。それもそうです。キャッシング経験が少なかったり、初めてキャッシングされる方は審査内容を詳しく調べる事が少ないですもんね。逆に、キャッシングがしたくて何度も何度も消費者金融サービスに申し込んでいるのに、審査を通過出来ずにうなだれている人は、「なぜ自分が審査に落ちてしまうのか・・・!?」という原因をしっかり真実に向合い、つきとめるべきです。なぜ審査に落ちてしまったのか原因が分かれば、対策のしようがあります。ここでは一般的なキャッシングの審査として、プロミスの審査を例にあげてご説明します。まずはあなたが下記条件に当てはまっているかを確認します。

  • 安定した収入があるか。(パートやアルバイトでもやっていれば、主婦や学生でも大丈夫です。)
  • 年齢が20歳~69歳位内に当てはまっているか。
  • 自分の年収の1/3以上の借入れを他社でしていない。
  • 直近3ヶ月以内にクレジットカードの支払を滞納していない。

もし上記の条件の一つでも当てはまらないケースがあれば、審査で落ちてしまう可能性があります。まずは年齢以外で上記条件をクリアできるように対応しましょう。

上記条件がクリアできたら、プロミスの本審査に進んでみましょう。

プロミスの本審査は、大体30分から1時間以内で完了します。その際、本人確認が勤め先にかかってくる事があるのですが、これは個人名で「〇〇さんいらっしゃいますか?」という風にかかってくるため、まず消費者金融の確認とはバレません。安心して電話を待ちましょう。本人確認も取れて、書類審査もクリアすればメールで融資可能額をお知らせしてくれます。定職についていて、初めてであれば上限50万円程度は見込めるので、本当にものいりでお金の用意にお困りの時は、キャッシングでの融資を検討してみるのも良いのではないでしょうか。今回、代表例として「プロミス」の審査をあげましたが、プロミスの審査そのものが気になる方は、はじてのプロミス審査 にも更に詳細が書かれているので、チェックしてみてください。